チャートとにらめっこして手に入れた収益にも税金が発生してしまいます。一見損じゃんと思われますが、場合によっては私たちを助けてくれます。

  • ホーム
  • ダブルボトムは株価が上昇するパターンの一つ?

ダブルボトムは株価が上昇するパターンの一つ?

株の取り引きを行う際に、チャートを参考にすると売買の指針になります。
チャートのグラフには、市場に参加する投資家の心理が反映されるからです。
例えば低迷している株価が上昇に転じるひとつのパターンとして、ダブルボトムがあります。

これはチャートが2回底値をつける形で、アルファベットのダブルの形に似ていることから名づけられています。
特に2回目の底が1回目よりも高い価格であれば、大きな上昇に転じる可能性は高くなります。
これは1回目の底値が投資家に意識されているからです。

この底値を割るのか、それとも上昇に転じるのかを見ています。
そして最初の底値に達せずに反転すれば、売りの圧力が弱まったと判断できるわけです。
逆にこの形を反転させたものがダブルトップです。
天井を2回つけると上昇から反落する可能性が高まります。

これも前回の高値を越えるかどうかが注目されているからです。
株価はこのように、企業の業績だけではなく投資家の心理も反映されることが分かります。
チャートを分析することで、その心理がいかに相場に影響を与えているかが理解できます。

例えば下落相場で上下動するチャートの底値を結ぶと、多くの場合にそれは一本の線で結ばれることが分かります。
これは支持線と呼ばれるもので、これを割り込むことでさらに下落するケースが多いものです。
逆にこの支持線を割り込まずに上昇すると、反転する可能性が高まります。

逆に高値を結ぶ抵抗線を突き抜けると、大きく上昇することが多いものです。
このような中でダブルボトムを形成すると反転の可能性が高く、逆にダブルトップであれば反落のリスクが高まるというわけです。

見てすぐに判断できる分かりやすさもチャート分析が人気を集める理由です。
そしてその人気が市場の参加者の心理に影響するというわけです。
投資家の心理で形成されるチャートが、さらに投資家に影響を与えるというスパイラルを引き起こすというわけです。

ダブルボトムで注意すること

株式売買ではこのようにチャートを利用すれば、かなり高い確率で利益を出せるようになります。
そして反転の兆しとしてダブルボトムが、あるいは反落の兆候としてダブルトップという形が形成されます。

ここで注意しなければならないのは、このような形を作ったとしても可能性として相場の反転が予測されるだけということです。
ダブルボトムを形成したからといって、資金全てを投じて株式を購入するのは危険です。
その後に反落する可能性はありますし、ダブルボトムを割り込むことになれば大きな下落相場となる可能性もあります。

そこで同時にチェックしたいのはダブルトップです。
これも反落のサインとしてチェックされていますが、そのダブルトップを突き抜ければ大きく上昇することが見込めます。
ダブルボトムを確認しても、すぐに買いに転じるのではなく、少しずつ様子を見ながら買い増しをすることが大切です。

株価が上昇する中で購入すると、その単価が高まるので損をする気がします。
そこで大きく利益を得ようとダブルボトムの形成をきっかけに資金を投入しようとする人も多くいます。
けれども株価は思わぬニュースの影響で大きく反転することもあります。

そのような事態に備えて全力での売買は避けた方が無難です。
たとえダブルボトムやダブルトップが確認できたとしても、売買単価が不利になるとしても少しずつ仕入れることが大事です。
いわゆるリスク回避を行いながら投資活動を行うということがポイントです。

チャートは確かに相場の動きを読むために役立ちます。
けれども万能ではないということも頭に入れておく必要があります。
あくまでも市場の参加者の心理を反映させたものにすぎないということを理解することが大切です。